デジカメの歴史

デジカメの歴史

デジカメを選ぶとき、サイズと機能、どっちを選べばいいの?

答えから言ってしまうと「好み」この一言に尽きます。
ですが、ご自分にどのサイズが合っているか、シチュエーション別に考えてみましょう。
デジカメは、なんといっても小さくて持ち運びが便利です。
手乗りサイズの本当にコンパクトなものから、デジタル一眼レフと呼ばれるプロ仕様の重たいものまで存在します。
一般的には、持ち運ぶ手乗りサイズが普及していますね。
ここで考えていただきたいのは、「ポケットに入るか」どうか、です。
カメラを使うときって、意外と焦るものです。
ファインダーを外した途端、とりあえずカバンにしまってしまうと、次のシャッターチャンスを逃してしまいます。
ですので、一時避難としてポケットにしまえる、または差し込めるくらいの方が、行楽シーズンに使う方にはオススメです。
また、お子様の成長記録など、屋内で使う分には、少し大きめのものがいいでしょう。
ボタンの操作が快適で、プレビュー画面も大きいですから、扱いやすいはずです。

デジカメの画像サイズの重要性とサイズ変更の方法について

ホームページに掲載するための画像や、L版プリントを行うための画像などを撮影したい場合には、デジカメを利用することが欠かせません。
このようなデジカメを利用した写真撮影を行う際に重要となっているのが、用途に適した画像サイズの設定となります。
そのような設定が必要となっている理由は、画質に大きな違いが生じるためです。
用途に合わない小さい画像として設定を選択した場合、画質が著しく劣化してしまうため、使い物にならない事態が発生します。
そのため、用途に合わせた設定を行っていくことが重要となっています。
なお、万が一、用途が定まっていない場合には、通常よりも大きめの画像サイズを選択しておく方法で対処を行えます。
大きな画像であれば、画像処理ソフトを使用して縮小することが可能なため、撮影後に、用途に適した大きさへ変更することもできます。
このように、適切な画像サイズの設定を行えば、安心してデジカメで写真撮影をしていけます。

注目サイト

Last update:2017/2/24